tm-bt-01.pngtm-bt-01.pngtm-bt-02.pngtm-bt-02.pngtm-bt-03.pngtm-bt-03.pngtm-bt-04.pngtm-bt-04.pngtm-bt-05.pngtm-bt-05.pngtm-bt-06.pngtm-bt-06.pngtm-bt-07.pngtm-bt-07.png

トップ > 事業内容 > 民間事業 > 耐震診断・補強

seismic diagnosis-image.png

耐震性の傾向をつかむ「簡易診断」から、最新の耐震技術を活用した「精密診断」まで、お客様のご要望に応じた診断方法を揃えています。御社の大切な従業員様や経営資産を震災から守るためにも是非ご検討下さい。

耐震診断の結果から検討された補強対策と、お客様のご予算に合わせた耐震補強を行います。 特に、現行法令の耐震基準や、大切な従業員様の安全の確保、安定した操業の維持などを踏まえてご提案いたします。

■耐震補強の主な施工方法

1.三角ブレース補強
壁面と屋根の適性な位置に鉄骨で補強し、耐力とねばりを強くします。

2.柱脚根巻補強
柱脚部に鉄筋を組み、コンクリートを打設します。柱の根元を固定することで建物全体の揺れを防ぎます。

3.鉛直・水平ブレース補強
壁面と屋根にブレース補強をして、建物の柱や梁の接合部の強度を上げて耐震性を向上します。